薬剤師の転職という選択肢 - 総合病院→調剤薬局→MR→OTC→ドラッグストア

薬剤師の転職という選択肢 - 総合病院→調剤薬局→MR→OTC→ドラッグストア

薬剤師の転職

薬剤師といえば、転職する人が多い職種でもあります。

勤務する職場によって給与面での待遇にも差がありますし、薬剤師という資格を活かして、様々な仕事に挑戦したいと考えている人が多いからです。

薬剤師は転職しながらスキルアップ、年収アップを計っていく職種と言っても過言ではありません。

今の職場に不満があったとしても、愚痴を言うだけでは何も変わりません。

薬剤師は他の職種よりも転職でキャリアップを計りやすい環境が整っているので、この環境を上手に利用したいものですね。

自分の将来をよく考えてみるためにも、環境を変えてみるという選択肢は考慮の価値ありです。

変化はいつの時代も進化につながる行為ですから!

転職をした人の例として以下のものがありますよ。

  • MR(常勤)→調剤薬局(常勤)
  • 調剤+OTC(常勤)→病院(常勤)
  • OTC(常勤)→調剤薬局(常勤)
  • OTC→調剤薬局→CRC→総合病院
  • MR→病院薬剤師
  • 病院→調剤薬局→調剤薬局+ドラッグストア

オススメの薬剤師専門 転職エージェント

以下の2つの転職エージェントの登録は無料です!

会社 特徴
リクナビ薬剤師 »
年間100万人以上の転職をサポートするリクルートグループの「リクナビ薬剤師」。
常時求人数は35,000件以上。
80%以上は希望条件で転職できています。
マイナビ 薬剤師 »
都市部で年収650万以上、年間休日125日以上、通勤時間30分以内といった求人をご紹介。
都市部や地域密着型の調剤薬局、地域中核の総合病院などから選べます。
履歴書や面接等のアドバイスだけでなく、面接にも同行し、交渉しにくい年収面も代わりに交渉します。

また、これから薬剤師になろうと思っている人は薬剤師の転職を成功させる3つのコツも知っておくといいかもしれません。