医師が年収アップ、時間的余裕、価値観の合う病院で働きたいなら・・

医師が年収アップ、時間的余裕、価値観の合う病院で働きたいなら・・

医師の転職

深刻な医師不足が叫ばれている日本において、優秀な医師は病院間で取り合いになっています。

医師が転職を考える時期はだいたい働き始めてから10〜14年目ほどと言われています。

年齢的には30代半ば〜40代前半にかけてです。

この年代の医者の60%ほどが転職を考えていると言われています。

転職を考える理由には以下のものがあります。

  • 年収が低いので年収アップするため
  • 時間的な余裕が欲しいため、プライベートも充実させたい
  • 価値観の合う病院で医師としてスキルアップしたいため、自分が理想とする医療に取り組みたい

転職を考える医師のほとんどが転職エージェントに登録しています。登録しないと知ることができない優良求人がたくさんあるからです。

オススメの医師専門転職エージェント

以下の3つの転職エージェントの登録は無料です!

会社 特徴
医師転職ドットコム »
東証一部上場株式会社アインファーマシーズのグループ会社。
全国47都道府県を網羅(札幌、東京、名古屋、大阪、広島、福岡に拠点あり)。
平均年収アップ率146.6%、希望条件達成率94.7%。
リクルートドクターズキャリア »
非公開の求人情報も多数ご用意。
経験豊富な専任コンサルタントが、様々なご要望にお応えし、親身にサポート。
リクルートグループだから紹介できる非公開の好条件・高額求人もあり。

医師の転職は何歳くらいがベストか?

先述した通り、30代半ば〜40代前半の医師が転職を考える人が一番多くなっています。

そして、実際に転職をするにしても、この年頃が一番ベストなのです。

というのも、この世代の転職求人数が一番多いからです。

若すぎると技術的に未熟な人が多いですし、45歳以上になると給与も高くなりますし、新しい職場に馴染めないのではないかという不安も増えます。

また、日本の医師の給与は5年目でくらいで頭打ちになることが多いので、転職で年収アップを目指すならそれ以降が現実的です。

というわけで、医師が転職をするなら30代半ば〜40代前半がベストということになります。

地方の病院の給与が高い理由

日本の医療は地域格差が大きくなっています。

人口と面積に対する医師の割合を「医師密度指数」と言いますが、2009年の段階で最も「医師密度指数」が高いのは東京都で、最も低いのは茨城県です。

東京と茨城では4.5倍以上もの差があります。

つまり、日本では都市部に医療が集中しているということです。

実際、転職求人数が多いのも都市部です。

転職エージェントの中には首都圏(東京、千葉、埼玉、神奈川)・関西(大阪中心)・東海(愛知中心)などにエリアを絞って展開しているところもあります。

ただし、医師の平均給与になると、都市部よりも地方の方が高い傾向にあるのです。

なぜなら、地方は医師不足に悩んでいるので、給料を上げて良い人材を確保しようとしているからです。

それでも、地方の病院の医師不足は解決されていません。

医師が不足しているので、その分、一人一人の労働時間が長くなるからです。

このような背景から、地方の医師は転職を希望する人が多いように思われます。

しかし、実際には都市部の医師ほど転職傾向が強いというデータがあります。

地方は医師不足が激しいだけに、簡単には辞められないという現実もあるのかもしれません。