転職市場では高収入の会社ほど面接前の作業を多くして人を絞る

転職市場では高収入の会社ほど面接前の作業を多くして人を絞る

転職市場では基本的に、年収が高い企業ほど面接前の作業が多い傾向があります。

なぜなら、作業を多くして人を絞っているからです。

企業が求めている人材は、面倒くさいことを嫌がらず、楽な方に流れないストレス耐性の強い人です。

そのような人なら、入社後にどんな困難が立ちはだかっても、逃げずに乗り越えてくれる人材だと考えられるからです。

企業はこのような人を面接したいのです。

裏を返せば、このような人以外に面接のための貴重な時間を使いたくないのです。

そして、この傾向は高収入の会社ほど強くなります。

ですから、年収が高い会社のエントリー項目は他の会社より多くなっています。

人を選別するために、はじめのハードルを上げているわけです。

「入力するエントリー項目が多いから面倒くさい・・・」という人は、この時点で削除しているのです。

この山を面倒くさがらずに登った人だけが、面接という次の山にたどり着けるのです。

面倒なことの先に財宝は眠っていると考えておくと転職だけでなく、仕事やプライベートでも成果を出せる人になれる可能性が上がります。

転職エージェントに登録して転職代理人と共に転職活動を行うメリット一覧に続く»