履歴書は会う前にその人の常識を確かめる場

履歴書は会う前にその人の常識を確かめる場

履歴書はその人の常識度を確かめる場です。

企業はすべての人を面接する時間はとれません。

ですから、履歴書でザルにかけるのです。

ここでの基準は優秀さや特別さではありません。

アナタが社会人として常識をちゃんと持っているかどうかです。

企業としては社会人として最低限のマナーのない人に貴重な時間を使いたくないのです。

履歴書で常識のある人だと確認してから、面接という形で直接会って、アナタを深く知ろうとするのです。

では、常識があるかどうかは履歴書のどの部分で判断されるのでしょうか?

履歴書の写真

まずは、写真です。

履歴書の写真の一番の目的は、面接の時の本人確認です。

ラフすぎず、凝りすぎず、面接の時にアナタと分かるものにします。

写真が眠そうな顔をしていたら、アナタはあまり仕事ができる印象を与えられないかもしれません。

まるで芸能人のような格好付けた写真なら、自己主張が強いワンマンタイプに思われるかもしれません。

あくまでも、常識的な範囲でラフすぎず、凝りすぎずです。

履歴書の文字数

履歴書は余白が多すぎても、ぎっちりと書き込むのもNGです。

履歴書を読む人は当然、日々忙しく仕事をしています。

ですから、読みやすさは非常に重要です。

熱意が前面に出過ぎて、小さな文字でぎちぎちに埋まった履歴書は読みやすいでしょうか?

アナタが履歴書をチェックする担当者なら、空白ばかりの履歴書や文字ばかりの履歴書をどう思いますか?

あまり良い印象を持たないことでしょう。つまり、履歴書もラフすぎず、凝りすぎずなのです。

面接官になったつもりで履歴書を作る

最も大切なことは読む人の身になることです。

つまり、自分が面接官になったつもりで履歴書を作るということです。

そして、面接官は企業によって当然違います。

A社に提出する書類の質問には、すべて「A社に入りたいアナタにお聞きします」という前置きが質問の前にあると思って答える必要があるのです。

誤字脱字や修正液は論外

先ほど、「履歴書はアナタが常識を持っているかどうかを確かめる場」と説明しました。

誤字脱字が多かったり、修正液をたくさん使った履歴書を送ってくる人を常識がある人と思えるでしょうか?

まず思えないでしょう。

「いちから作り直すのは面倒くさいから・・・」と修正液を使った履歴書を送ると、アナタは「仕事でも面倒くさいと楽な選択肢を選ぶ人」と解釈されてしまいます。

こういったちょっとした所に、アナタ自身がすごく表れてしまうのです。

そして、過去に数えきれないほどの履歴書を見た担当者は、こういった些細なことをすぐに見抜きます。

面接で嫌われる行動、緊張状態では普段の何気ない自分が出てしまうに続く»