企業からしてみれば第二新卒の方が採用しやすい

企業からしてみれば第二新卒の方が採用しやすい

時によっては、第二新卒が転職市場で有利な時代があります。

第二新卒とは学校を卒業して一旦就職したが、短期間のうちに転職活動をする人のことです。

たとえば、昨今は不景気のため新卒採用を絞る企業が多いですが、新卒採用を絞ると組織のピラミッドが崩れて給与制度や保険、年金を維持できなくなる可能性が出てきます。

そこで、その穴埋めのために第二新卒を大幅に採用するのです。

穴埋めを新卒ではなく第二新卒でする理由は、第二新卒の方が帳尻合わせに都合が良いからです。

第二新卒なら必要な採用数を確保できればいつでもストップできます。

企業にしてみれば、水道の蛇口のように、企業側の都合でいつでも開け閉めできるのです。

ですから、いつ企業が水道の蛇口を開けたかを知る環境にいることは、転職を考えている人にとっては有利な立場にいることになります。

そんな有利な立場にいるためには、転職エージェントに登録すればいいだけです。

登録は無料なので、登録しない理由がありません。

転職エージェントに登録さえしてしまえば、スカウトサービスを受けることができます。

スカウトサービスとは登録された職歴などの個人情報を匿名で企業に公開することによって、興味をもった企業からダイレクトメールを受け取ることができるサービスです。

転職エージェントの方が求人サイトよりも登録している会社が多い理由に続く»