面接で嫌われる行動、緊張状態では普段の何気ない自分が出てしまう

面接で嫌われる行動、緊張状態では普段の何気ない自分が出てしまう

アナタは自分が気づかないところで、面接官が不愉快に思う行動をしているかもしれません。

面接で嫌われる行動には次のようなものがあります。

  • コートを来たまま面接室に入る
  • 座ったまま挨拶する
  • ペンを指でくるりと回す
  • 携帯電話を首からかけたまま面接を受ける
  • 靴が汚れている
  • スーツがよれよれで汚れている
  • ひじをついて話す
  • 「はい」ではなく「うん」と返事する
  • 「とりあえず」と言うことが多い
  • 鼻でフンと笑う
  • ハぁ〜とため息をつく

「転職の面接でそんな失礼なことをする人がいるの?」と思う人もいるかもしれませんが、緊張状態では普段、自分が何気なくしている悪い行動が無意識のうちに出てしまうことがあるのです。

ペンをくるりと回すことを日常的に行っている人は、ペンを持った途端に面接でも回してしまうのです。

口癖も同様です。

「とりあえず」「とりあえず」「とりあえず」と連発していたら、良い印象なんて与えられるはずがありません。

しかし、普段から「とりあえず」とばかり口ずさんでいる人は、大事な局面でも「とりあえず」と口から出てしまうのです。

緊張して頭が真っ白になった時ほど、普段の自分が出てしまうものです。

日頃から他人に対して良い印象を与えられるような行動や言葉使いをすることが大切です。

今の会社が倒産寸前の時の転職の仕方に続く»